元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

歯周病とは進行する病気なの?歯が抜けるまでの症状について

歯の診断

実は、歯周病は進行すると恐ろしい結末になるのです。 症状に気が付いた時にはかなり進んでいたりもします。 早期発見に繋がるサインから、歯が抜けてしまうまでの症状を把握しておきましょう。

歯周病初期症状

軽度の歯周炎は歯肉炎とも呼ばれ、歯茎か赤く腫れ上がるのが特徴です。 痛みなどの目立った症状はなく、歯と歯の間の歯肉がプヨプヨとしたような状態になります。 いわゆる、炎症状態です。 歯みがきの時に、歯茎から出血しやすくなったり、たまに口臭がすることもあります。 歯と歯肉の間に歯周ポケットと言う4ミリから5ミリ程度の溝ができ、そこに細菌が増殖し、歯根を目掛けて侵攻していきます。 しかし、自分では自覚症状をほぼ感じないので、気が付かずに通り過ぎてしまう人が多いのです。 この初期症状の時に、上手にプラークコントロールできれば、歯周病は予防できるのです。

中等度歯周病の症状

軽度から歯根に沿って中等度に進行すると、歯肉の腫れが酷くなり歯肉の歯周ポケットが5ミリから7ミリと、さらに深くなります。 ここまで深くなると、自分で歯周ポケット内の掃除をすることは難しくなります。 歯肉が全体的に下がるので、歯根が露出して歯が長く見えるようになるでしょう。 歯肉への細菌の炎症が進み、骨まで達してしまうのです。 歯周病菌は骨を溶かし、明確に冷たい水や熱いお湯で痛みを自覚するようになります。 いわゆる知覚過敏です。 そのころには、歯はグラグラと動くようになり、食べ物が噛みにくくなるでしょう。 歯周ポケット内では、歯周病菌が暴れ、それを阻止しようとする免疫細胞が炎症反応をおこします。 戦った免疫細胞の死骸が歯茎から膿となり出てくるのも中等度のころです。 この膿や歯周病菌の増殖で口臭も強くなります。 自覚症状が出ていますので、必ず改善するまで専門医に通うことが大切です。

重度歯周病の症状

歯肉がさらに下がり、歯根が丸見えになるくらいまで後退してしまいます。 歯茎からの出血も多くなるでしょう。 歯周ポケットはさらに深くなり7ミリ以上に広がり、歯石や歯垢プラークが詰まり食べ物のカスも入ってしまいます。 骨の半分以上が溶けてしまい、歯肉は腫れ上がってしまうでしょう。 歯を支えている土台が傷んでしまっているので、ちょっとした刺激で歯が動き強い痛みを感じ、食事も難しくなる可能性もあります。 歯が抜けてしまうこともあるでしょう。

歯周病菌は免疫力の低下やストレスなどでも増殖し、年齢に関係なく歯周病の進行を早めます。 末長く自分の歯を守るために、普段からのセルフチェックとプラークコントロールに気を付けましょう。




 PAGE TOP