元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

虫歯と歯周病は違う病気?それぞれの違いと注意ポイント

虫歯1

虫歯と歯周病とでは、口の中の病気と言う共通点意外は全て違うのです。同じ歯を失う可能性のある病気なので、注意してセルフケアをして下さい。

原因と菌の違い

虫歯の主な原因菌は、ミュータンス菌と言う菌で、歯の表面から侵攻して歯を溶かします。 ミュータンス菌は虫歯菌とも呼ばれていて、この虫歯菌は酸を発生する性質を持ちます。 糖類を吸収することで、より多くの酸を発生するため、その酸が歯を溶かし虫歯になるのです。 そして溶け出した歯は、やがて傷むようになるでしょう。 一方、歯周病の原因菌は、プロフィロモナスジンジバリス菌などの主に空気を嫌う、歯茎の隙間に住み着く菌です。 隙間の歯周ポケットから、ゆっくりと歯の周囲の組織を破壊して行くのです。 この歯周病菌達はプラークや歯石の中に存在し、加齢や免疫力の低下、ストレス、喫煙などの原因で活発になり感染してしまうのです。

侵攻する部位の違い

虫歯は、その名の通り歯を侵攻する歯の病気で、歯周病とは歯の周囲を破壊していく病気だと言う大きな違いです。 歯の周囲とは、歯茎、歯根、歯槽骨のことで、歯槽骨にまで達すると歯を維持することができなくなってしまうでしょう。 虫歯で歯が溶け出すことで、歯茎にも炎症がおこることがありますが、虫歯菌自体は歯のみに影響を及ぼします。 歯周病は、歯を直接侵攻することはありません。

進行と治療法の違い

虫歯菌は表面からどんどん歯を溶かし、やがて歯の内部の神経部を刺激します。 歯には穴があき、痛みも感じるようになり、神経に達すると激痛を伴うようになります。 歯周病の場合は、初期症状は感じることはなく、知らないうちに歯周ポケット内で増殖します。 歯茎の色が赤紫色になったり、たまに歯みがきで出血したりなので、ほとんどの人が気付くことができないでしょう。 進行すると、歯周ポケットが広がり歯茎が下がって歯根が剥き出しになり、刺激物がしみるようになります。 歯の土台の歯槽骨を溶かすので、歯はグラグラと動くようになるのです。 そして最後には、抜け落ちてしまうでしょう。 治療法も全く別で、虫歯は虫歯菌が蝕んでいる部分を取り除き詰め物をして食い止めます。 歯の土台が残っているので、人口の歯を入れることも可能です。 しかし歯周病は、歯周組織が破壊されてしまったら、もう元には戻りません。 進行段階を削り取る事もできません。 毎日のプラークコントロールと歯石ケアでゆっくりと歯周病菌を減らして行くことになります。

このように、全く違う病気でありながら、この2つの病気の予防方法は同じなのです。 毎日の正しいブラッシングと定期的な歯科医によるチェックとケアで防ぐことができる病気なのです。




 PAGE TOP