元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

歯科医による歯周病のおもな診断方法と治療法について

歯医者4

歯周病のように、初期症状で傷むなどの自覚症状がないと、なかなか歯科医には行かないのが現状ですね。 進行してしまった歯周病には、どんな治療が待っているのでしょうか。

歯周病の検査方法

歯周病の診断は、歯周ポケットの深さと、レントゲンでの顎の骨の密度を計ります。 そしてピンセット状の危惧で歯の動揺検査をして、グラつきがあるほど進行していることが判断されるのです。 その他にも、口腔内写真や、噛み合わせバランス、歯並びなどのチェックもあります。 歯周ポケットは、プローブと言うものさしのような器具で、歯と歯肉の間の溝を調べます。 その深さで歯周病の程度が診断できるのです。 その時に、歯石の蓄積具合やプラークの付着具合もわかります。 現在では、歯周病菌の検査を行っている歯科医もあります。 まだ初期段階であるならば、歯周ポケットの深さは3ミリほどで、スケーラと言う先の細い器具で、歯石やブラッシングでは取れないプラークを除去します。 歯の表面のザラザラとした、歯石や毒素を除去し、プラークの付着を防ぎます。 その後、どの部分にプラークが残りやすいのか、歯石になりやすい部分を判定し、正しいブラッシングの方法を指導してくれます。 自宅でのケアがとても大事な段階です。

歯周病の治療法

中度歯周病の場合

歯を押すと動揺したり、歯茎が腫れて歯みがきで出血したり、刺激物がしみるようになっています。 検索では、顎の骨が溶け始め歯周ポケットは、4ミリから6ミリほどまで深くなっている状態です。 スケーラでは、取り除けない深い部分のプラークや歯石をキュレットと言う器具で除去することになります。 また、歯茎を切開し歯肉を顎の骨から剥がした後、歯根のプラークと歯石も除去します。 感染して、破壊された組織も取り除かれます。

重度歯周病の場合

歯の動揺も激しく、歯と歯肉の間から膿が出たり、歯根が完全に露出してしまいます。 顎の骨は半分以上が溶けてしまい、歯周ポケットの深さは8ミリ以上に広がっている状態です。 ここまで進行してしまうと、GTR方、エムドゲイン方と言う、歯周組織の再生を促す治療をしなくてはなりません。 GTR方とは、歯茎を切開して歯石やプラークを取り除いて、できた部分にメンブレンと言う特殊な膜を挿入して、歯肉の浸入を防ぎ再生を促す方法。 エムドゲイン方とは、エムドゲインと言う薬剤が歯の生える時に似た状態を作り、表面に塗ることで歯肉の浸入を防ぎながら組織の再生を促します。 その他には、マウスピースに薬剤を浸透させて装着し、口腔内の歯周病菌の繁殖を防ぐ治療法や、善玉菌を増やして暴れている菌を追い出すプロバイオティクスなどがあります。


大切なのは、正しいブラッシングでの予防と、なるべく早く歯周病を発見することです。歯が抜けてしまう事態にならないようにセルフチェックを心掛けて下さい。




 PAGE TOP