元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

歯みがきだけじゃ足りない?歯周病対策に使いたいうがい薬の特徴

うがい薬

歯みがきだけでは不安な歯周病対策に、うがい薬を併用すると良いでしょう。 薬の特徴を見極めて、自分に合うタイプを選んで下さい。

なぜうがい薬が歯周病に効果があるの?

うがい薬と言えば、風邪などをひいた時にウィルス予防に良く使いますね。 歯周病の原因は、歯周病菌とそれを増殖させるプラークに含まれる細菌です。 うがい薬には、殺菌作用や消毒作用のある成分が含まれています。 消炎作用や創傷治癒促進作用のある成分が含まれているタイプもあります。 しかしウィルス用のうがい薬は、歯周病には殺菌作用が強すぎて炎症を悪化させることもありますから、使用には充分注意して下さい。 歯周病の為のうがい薬は、デンタルリンスやマウスウォッシュとも言います。 薬用成分配合のない化粧品扱いの口臭予防のものではなく、医薬部外品に指定されている、弱い殺菌作用や歯周病予防に良い成分が配合されているタイプのものが良いでしょう。

うがい薬の選び方

いざ、うがい薬を使おうとしても、たくさんの種類があって悩んでしまいますね。 しかし、マウスウォッシュやデンタルリンスには、プラークやバイオフィルムを除去した後でなければ効果があまり望めません。 必ず歯みがきと併用することが大切です。 歯周病菌には塩素クロルヘキジンが効果的と言われていますが、成分を全て把握してチェックするのは大変です。 マウスウォッシュやデンタルリンスには、歯周病菌に効く、歯周病予防に、と前面に出されたものの中からチェックすると良いでしょう。 その他のポイントは、刺激が強いタイプや弱いタイプ、アルコール成分の有無などで、使いやすいタイプを選びましましょう。

必要性と特徴

マウスウォッシュやデンタルリンスには歯周病を治す効果があるわけではありません。 なので、歯周病の可能性がある人は必ず医師の診断を受けることをおすすめします。 口腔内環境を整える為には、毎日の正しいブラッシングに合わせて、マウスウォッシュやデンタルリンスを使用することは、たいへん効果的と言われています。

このようなうがい薬で、ガラガラうがいではなくて、ブクブクうがいをすることで、お口に成分をまんべんなく行き届かせることができます。歯みがき後の就寝前に使うことで、お口の中全体の細菌に働きかけてくれるでしょう。

歯周病は、徐々に進行する病気で、突然に重症になることはありません。 毎日のデンタルケアとセルフチェックを習慣に、早い段階からの予防がとても大切なことなのです。




 PAGE TOP