元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

乳酸菌で歯周病を改善できるの?便利なサプリも種類豊富

サプリメント3

歯周病に乳酸菌が良いことを知っていますか? 乳酸菌と言えばヨーグルトが有名ですか、便利なサプリメントも種類が豊富です。

乳酸菌の期待効果

なぜ乳酸菌が歯周病に効果をしめすのでしょう。 それはお口の中も腸と同じく、善玉菌と悪玉菌が存在し、善玉菌が減り悪玉菌が優勢になると、悪い細菌達が元気になるシステムになっているからなのです。 お口の中を、常に善玉菌が優勢な状態が保てれば、歯周病菌達が暴れることを、防げると言うことです。 善玉菌は乳酸菌を餌にして増殖するので、乳酸菌を摂取することで、お口の中を正常な細菌バランスに戻してくれるでしょう。 特に就寝中は、昼間のように口の動きがなく、唾液の分泌もさがり、菌が増殖しやすくなります。 おやすみ前のデンタルケアは、念入りにしましょう。

乳酸菌の取り方

ヨーグルトで歯みがきをすると言う方法もあります。 使用するのは、必ず無糖ヨーグルトに限ります。 いつもの歯みがきの後、普段より柔らかめの歯ブラシに無糖ヨーグルトをつけて、丁寧に歯をブラッシングします。 残ったヨーグルトは飲み込み、口をすすぐ必要はありません。 砂糖入りを使用してしまうと、返って糖分が悪玉菌の餌になりますから、必ず無糖に限ります。 マウスウォッシュに乳酸菌配合のものもあるでしょう。 こちらも、歯みがきの後にお口の隅々までブクブクうがいで行き渡らせて下さい。 そして一番簡単になのは、タブレットやサプリメントになります。 歯みがきの後に、決められた量を飲むなり、舐めるタイプになります。 ヨーグルトで歯みがきするよりも、かなりお手軽ですね。 これなら、持ち運びも出来て外出にも便利です。

色々なサプリメント

たくさん種類のある乳酸菌の中のでも、歯周病や口臭に効果が期待できると言われているのは、乳酸菌LS-1になります。 乳酸菌LS-1は、腸の中で働き免疫力も高めますが、歯周病の原因菌であるジンジバリス菌の殺菌に、とても効果を発揮するとされています。 その他にも乳酸菌L8080は、お口のペーハーバランスを整え、歯を溶けにくくしてくれます。 虫歯菌と歯周病菌を抑制し、なりづらい環境をつくります。 乳酸菌WB21には、ピロリ菌やカンジタ菌などが増えるのを抑制し、虫歯菌や歯周病菌も抑制する働きがあります。 歯周病に良いサプリメントは、タブレットタイプの舐めるものが多いです。 ゆっくりお口の中で溶かして、乳酸菌を行き渡らせます。 甘味はありますが、それは砂糖ではなく、歯に良い自然由来の甘味になっています。

乳酸菌は元々体にある、必要な成分なので、体に優しく使っていただくことができます。 乳酸菌で歯周病予防のデンタルケアを始めてみて下さい。




 PAGE TOP