元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

子供のお口を襲う歯周病から守ってあげる方法はあるの?

歯磨き2

小さな子供でも、歯周病になる可能性はあります。 子供のお口を襲う怖い歯周病から、守ってあげましょう。

歯周病は感染病です

大人の病気だと思っていた歯周病は、実は小さな子供でもかかるのです。 小さなうちに歯周病になると、長い時間をかけて歯茎をむしばんで行きます。 そんな歯周病から守ってあげる方法は、まずは毎日の歯みがきをしっかりとチェックしましょう。 磨き残しがないか?プラークがちゃんと除去出来ているか?を保護者が確認することが良いでしょう。 そして、歯周病は感染病なので、歯周病患者から移ります。 小さいうちは、口移しや親のスプーンで食べ物を与えたりもしてしまいますね。 歯周病患者は、それは絶対に避けましょう。 1歳半くらいまでが、最も感染しやすいので、母親だけではなく、保育する人全員の心がけが必要になります。 そして、家族がまずは歯周病を治療して完治することが大切です。

家族で歯周病対策

親が歯周病では、子供にキスもできません。 親が歯周病にかかっていないか、歯科医での診断をしてもらうと良いでしょう。 そして、正しいブラッシング方法を教えてもらうと良いですね。 常に毎日のデンタルケアで、歯周病を予防していれば、自然に子供たちにもデンタルケアの習慣がつくようになるでしょう。 正しいブラッシングと規則正しい生活と食生活で、予防対策はできます。 小さいうちから、歯を大切にすることをしっかりと教えてあげることが大切ですね。 小さい子供は、虫歯にも気を付けなくてはなりません。 定期的に一緒に歯医者へ通い、歯石の除去と、プロのチェックをしてもらうと良いでしょう。

乳酸菌でまるごと予防

義理の両親には、キスしないで欲しいことや、同じ箸で食事をさせないで欲しいとは、なかなか言い出せなかったりしますね。 そんな時は、乳酸菌のサプリメントをすすめてみてはいかがでしょうか。 義理両親の歯周病対策にも、もちろんなりますし、感染予防にもなります。 歯周病は、放っておくと血液から体内にまわり糖尿病などにもなる怖い病気です。 家族みんなで予防して、子供に感染させない気配りが必要ですね。 乳酸菌は、子供でも安心して摂取できるサプリメントなので、綺麗に歯みがきができたご褒美に与えてあげましょう。

あまり、感染に敏感になりすぎるのも、ストレスになりかねません。 感染を恐れて、距離をおくのも、難しいものです。 まずは、自分が少し気を使うことで、周囲にも影響があるかもしれませんね。




 PAGE TOP