元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

歯周病が高齢者に与える深刻な影響とは?治療や改善方法

老人1

高齢者にとっての歯周病は、時に深刻な影響があります。少しでも、気になる症状がある場合は、早めの受診と治療をおすすめします。

高齢者に多い歯周病

歯周病は、歯周ポケットに細菌が溜まり、増殖し感染しておこります。 年齢を重ねるに連れて、老化現象の1つに、歯茎が痩せると言うことがあります。 年齢と共に歯茎の弾力が減り、下にさがり、歯周ポケットが広がってしまうのです。 歯は付け根に近いほど細くなっていて、上の太い部分にフィットするようになっていた歯茎は、下がるとサイズが合わなくなり、ポケットになってしまうのです。 歯周ポケットは、広がっていても、なかなか奥まで見ることができません。 その歯周ポケット内にプラークが入り込むと、除去するのも大変になります。 その為に、若い人より高齢者には、歯周病のリスクが高いと言われているのです。

歯周病による影響

歯周病のある人は、心疾患のリスクが高いと言われています。 歯周病が重度であればあるほど、歯茎でおきている炎症物質が血流に流れ込み、心臓血管にも影響をきたす為と考えられます。 次に、人は加齢によって徐々に飲み込む力が弱くなり、喉反射が衰えてきてしまいます。 そして唾液や食べ物が誤って肺に入り、唾液中の細菌が原因で、誤嚥性肺炎を発病してしまいます。 これは、高齢者に多くみられる病気の1つです。 そして最も気を付けたいのが、糖尿病の合併症です。 糖尿病の疾患で、歯周病を発症するリスクはとても高いのです。 歯周病菌から出される毒素が、歯茎から血管へ流れ込み、血糖値を下げる働きをするインスリンを作りにくくしてしまいます。 糖尿病患者にとっては、血糖値のコントロールがますます難しくなるでしょう。

治療方法と改善対策方法

まずは、歯科医へ行き自分の今の状態をしっかりと把握するようにしましょう。 歯周病になってしまっていたら、ちゃんと治療して進行を防ぐようにします。 定期的に歯石を除去して、プロの目で進行を防げているのかのチェックが必要になるでしょう。 歯科医では、正しいブラッシングの方法や、個人個人の磨きづらい場所を特定してくれます。 それに従って、自宅での毎日のデンタルケアに努めて下さい。 悪化してしまって、骨が溶け出してしまっていると、歯茎を切り取り、骨を成型する外科的処置が必要となります。 そうならないように、正しいブラッシングと歯周病対策の歯磨き粉でのプラーク除去や、マウスウォッシュなどを併用して、歯周病菌の殺菌を心掛けて行きましょう。

たかが口の中の病気と、軽く考えていたら、大変なことになるかもしれません。 いつもお口の中を清潔に保つようにしましょう。




 PAGE TOP