元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

歯周病で歯茎がぶよぶよに腫れているときの治療方法について

歯が痛いジェスチャー

歯周病は進行してしまうと、とても辛く痛みます。 歯茎がぶよぶよとして腫れてしまっているのは、中度の歯周病です。 早急に歯科医に受診しましょう。

腫れている時はどんな治療方法?

歯茎が腫れてしまうと、痛みも出てきてしまい、歯みがきをすると出血もあるでしょう。 歯周病は、放っておくと危険ですし、決して自然治癒はしません。 なるべく早く歯科医で診断してもらって下さい。 歯科医へ行くと、まずは歯周ポケット内の掃除をしてくれ、溜まったプラークや細菌を除去し、固まった歯石も取り除きます。 そして殺菌処理をしてくれます。 歯茎が腫れてしまっていると、顎の骨も溶け始めてしまっている可能性があります。 しっかりと通院して、これ以上の進行を抑える必要があるでしょう。

自宅でのデンタルケア

通院してプラークの除去をしてもらっても、プラークは毎日発生し、また歯に付着し、歯周ポケットに入り込みます。 中度の歯周ポケットは、広がってしまっているので、なかなか自宅でのブラッシングでは中まで届かなくなってしまっています。 なので、定期的に通院することが必要になるのです。 自宅での毎日のデンタルケアも治療の1つになりますから、しっかりと正しいブラッシングを心掛けて下さい。 歯周病菌を殺菌する歯みがき粉や、抗炎症作用のある歯みがき粉を使うのも、進行を抑制することに期待できるでしょう。 念入りにマウスウォッシュも併用すると、お口の中の隅々まで成分が行き届きます。 しかし、それだけでは治すことはできません。 必ず、途中で止めずに通院を心掛けて下さいね。

根気良く改善に

歯周病は、長い時間をかけてゆっくりと進行してきた病気です。 歯科医に行って帰って来たら治る病気ではありません。 歯が抜けてなくなってしまわないように、根気良く諦めずに治療とセルフケアを続けて行きましょう。 改善されてくれば、炎症は一旦収まり、腫れもひいてくるはずです。 しかし、油断は禁物です。 歯周病菌は常にお口の中に存在し続けていますから、症状が消えても、引き続きデンタルケアが大切です。 普段からのストレスを溜めたいように気を付けて、食生活を見直し、睡眠を充分に取りましょう。 乳酸菌を取り入れて、常にお口の細菌バランスを整えておくのも良いでしょう。 歯周病も、お口の中とは言え、進行すると怖い病気です。 私生活のちょっとした気遣いで、改善へ向かわせる努力をすると良いですね。

歯周病に大切なのは、毎日の自宅でのケアと、早期発見です。 溶けてしまった骨は元には戻りません。 そんな事態にならないように、日頃からデンタルケアをしていきましょう。




 PAGE TOP