元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭は病気のサイン?考えられる原因と対策のポイント

頭が痛い

口臭はしばしば病気のサインとなります。 しかも口臭を引き起こす病気の種類は、とても多いです。 歯周病や虫歯など口の病気はもちろん、喉や鼻の病気も臭いの元になります。 それどころか腸や肺など口と直接つながっていない器官まで、口臭の原因になっています。 いい香のするブレスケア製品などでも一時的に臭いを軽減できるでしょう。 しかし、こうした口臭にしっかり対処するには、やはり原因となっている病気自体を治療するべきです。

歯周病など口の病気は当然口臭の原因になる

歯周病は口臭発生の原因として非常に重要な病気です。 歯周病では、ある程度病状が進行すると自覚症状が現れます。 りんごなどの物をかんだり、歯を磨いたりした時に血が出るというのが1つです。 目で見て腫れているのが分かる場合もあるでしょう。 もっとひどくなると、歯茎が痛むとか歯がぐらぐらするということになります。 しかし、病気の初期はあまり自覚症状がありません。 そのため、もし思いがけず口臭がきつくなった時には、自覚のないまま歯周病が進んでいる恐れがあります。 口臭が元で歯周病に気付けたら、運がよかったと思って速やかに治療を行いましょう。 なお、歯周病だけでなく虫歯も口臭の原因になるため同じことが言えます。 どちらも、歯の表面や周囲に細菌が繁殖し、悪臭のするガスを発生させているのです。 歯周病や虫歯を防ぐためには毎日正しく歯を磨き、歯医者で年数回程度の定期検診を受けるようにしてください。 それだけで十分に口臭に対処できます。

胃腸の病気が原因の口臭もある

口臭の発生源は、口だけではありません。 胃腸から臭いが生じている場合もそれなりに多いです。 例えば胃炎や胃潰瘍という病気は、口臭の原因になります。 これらの病気では胃の不調によって消化不良が起こり、胃の中の食べ物が腐って臭いを放つのです。 同様に胃がんも口臭を引き起こします。 十二指腸や小腸などの腸の不調も、口臭の原因になります。 腸の中の食べ物が停滞したりしてうまく処理されないと、そこから悪いガスが発生します。 実はこのガスは直接口まで上がって来るわけではありません。 一度血液中に吸収されてから肺に運ばれ、呼吸とともに口から吐き出されるのです。 腸の中のガスが臭いの元なので、この手の口臭ではおならや便のような悪臭がするのが特徴です。 胃腸が原因の口臭を防ぐためには胃腸の病気を治す必要があります。 なお、便秘も口臭の元ですので、口臭対策に便秘の解消が有効な場合もあります。

口臭を引き起こすその他の病気

口臭の原因になる病気の多くは口の病気であり、次に多いのは胃腸の病気です。 口臭を生み出すのはほとんどがこれらの病気だと考えられますが、実は他にも様々な疾病が口臭を発生させます。 例えば、喉や鼻の病気が考えられます。 扁桃が腫れる扁桃炎では、多くの膿が発生して口臭を生み出します。 蓄膿症も膿が出るため、やはり口臭の元になります。 呼吸器系の病気も息の臭いの原因になることがあります。 肺炎、気管支炎では痰が原因で口臭が発生します。 痰は細胞の死骸などを含んでいて膿と性質が近いため、膿と同じく悪臭を生じるのです。 また鼻づまりで口の中が乾くことも口臭の原因になります。 唾液には口の中をきれいに保つ役割があるため、口が乾いて唾液が足らなくなると口臭が生じます。 ストレスで唾液が減ることも知っておくといいでしょう。 こうしたタイプの口臭を治す場合も、やはり原因となっている病気を治療する必要があります。 普段から健康には気をつかいたいところです。

まとめ

健康な人でも舌の苔などから口臭が生じる場合はあります。 しかし、病気が原因の口臭も多く、口の臭いが普通異常にきつい場合は体のどこかが悪くなっていることを疑うべきでしょう。 舌の苔にしても本当に健康ならば、増えすぎることはありません。 唾液の減少など、やはり何かの不調があるものと考えられます。 そう考えると、口臭は体全体の健康のバロメーターであると言えます。 口臭予防のために病気も治してしまえば一石二鳥です。




 PAGE TOP