元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭予防はなぜ必要なの?周りへの迷惑やトラブルについて

臭いジェスチャー

自分が人の口臭をかがされることを考えると分かりますが、口の臭いは他人への迷惑になります。 あまりに口臭がひどい人が相手だと、短い話を聞くことさえ大きなストレスになるでしょう。 口臭のせいで人間関係が壊れるというトラブルも、決して大袈裟な話ではないのです。 公私を問わず、人間関係が重要なものであることは言うまでもありません。 そうした無用な問題を避けるためには、ある程度の口臭予防が必要です。

とにかく臭いが嫌がられる

口臭による迷惑で一番分かりやすいのは、人を臭いで不快にさせることです。 本人に悪気がなくても、きつい口臭を他人にかがせるのは迷惑に違いありません。 迷惑の種類にも色々ありますが、口臭などの体臭は強い生理的不快感を催し、他のトラブルに劣らない重要な問題になります。 実際他人の臭いに困っている人は多いようで、近年はスメハラという言葉も使われるようになりました。 スメハラはスメルハラスメントの略で、臭いによる嫌がらせという意味です。 口臭が強いと家族から友達まであらゆる人に嫌がられる恐れがあります。 特に、恋人や夫婦などの間柄では顔を近付けることも多いため、大きな問題になることは想像にかたくありません。 他に悪いところはないのに口臭のせいで大事な人間関係を損なってしまったら、悔やんでも悔やみきれません。 最低限の口臭予防はしておくべきでしょう。

仕事でも不利になる

口臭が強いと仕事でも不利益をこうむる恐れがあります。 まず、一緒に働く人との関係が悪くなるかもしれません。 人柄の優れた人であっても、できれば不潔な人間とは仕事をしたくないのが人情でしょう。 もし口臭のせいで十分なコミュニケーションがとれないということになれば、それだけ仕事の能率が落ちてしまいます。 悪ければ、単に不潔であることが嫌がられるだけでなく、自己管理のできないだらしない人間だと思われることもありえません。 そうなると相手の信用を得るのが難しくなるでしょう。 一緒に働く人だけでなく、お客さん相手でも口臭が問題になります。 例えば、口臭の強い人が物を売ろうと思っても、じっくり話を聞いてもらうことはできないでしょう。 そうでなくても、不潔な人よりは清潔で感じのいい人から物を買いたいと思うのが自然です。 セールスに限らず、口臭が取引先に対する印象や信頼を損なうことがあり得ます。 口臭で人間関係を壊すのも辛いですが、仕事に悪影響を与えることもやはり大きな問題です。

口臭の原因になる病気の放置が迷惑になる?

口臭は数多くの体の不調のサインとなります。 病気は他人への迷惑というよりは自分のトラブルですが、それが周りの不利益となることもあります。 口臭の原因になる病気には胃や十二指腸の潰瘍、胃がんなどかなり重いものもあります。 そうした重い病気を患って思うように活動することができなくなれば、家族や職業上の関係者の負担となるでしょう。 治療のためのお金もかかります。 虫歯や歯周病といった口内の病気も、もちろん口臭の原因です。 これらの病気がひどくなると大事な歯を失うことになります。 実際、こうした病気のせいで歯を失う人は数え切れないほど多いです。 歯がなければ、料理を作る時に特別な配慮が必要になるとか、話をする時に何を言っているか分からないという問題が起こり得ます。 入れ歯や差し歯で対応することもできますが、歯のない人が必ずそうするとは限りません。 もし歳をとって介護を受けることになれば、やはり介護者の負担を増やすことにもなるでしょう。 自分のため人のために、口臭を引き起こす病気はできる限り治すようにしましょう。

まとめ

臭いのきつい息をかがされることは、とても大きなストレスになります。 程度にもよりますが、口臭は家族や同僚、友達、恋人などあらゆる人との関係に悪影響を与える可能性があります。 ただ臭いが嫌がられるだけでなく信頼を失うことにもなりかねません。 口臭はまた、体の不調のサインにもなっています。 口臭の原因となる病気を放置することが身近な人の負担になることも十分に考えられます。 いずれにしても口臭が他人の利益になることはありません。 歯磨きや体調管理などによって口臭予防を行い、トラブルの種にならないようにしてください。




 PAGE TOP