元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭予防のために日常的に飲めるお茶の効果と特長とは

お茶

口臭を予防するには、お茶を飲むのも1つの方法です。 お茶というと日本人が日常的に何気なく飲んでいるもので、言われなければ特に注目する機会も少ないでしょう。 ですがお茶には実は細菌の繁殖防止、消臭、水分補給という、いくつもの口臭予防効果があるのです。 たかがお茶と侮れません。 お茶が嫌いという人はあまりいないでしょうし、簡単に実践できる口臭予防として毎日お茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

口臭予防にいいお茶とは?

麦茶から梅昆布茶まで世の中にあるお茶の種類は、数え切れません。 お茶で口臭を予防するといっても、どのお茶を選べばいいのか悩んでしまいます。 実際は口臭予防のために、特別珍しいお茶や高級なお茶を飲む必要はありません。 最もおすすめするのは緑茶です。 緑茶の次には、烏龍茶と紅茶をすすめます。 この3種類のお茶は、発酵の度合いが違うだけで材料は全て同じ種類の茶葉なので近い効果が期待できるのです。 ただし緑茶から烏龍茶、紅茶と発酵が進むにつれて口臭を予防する成分、カテキンの量は減っていきます。 したがって順位をつけるならば紅茶よりも烏龍茶、烏龍茶よりも緑茶がいいということになります。 これらのお茶は、毎日飲み続けやすいという点でも優れています。 第1にありふれた飲み物なので、どこでも簡単に手に入り価格も安いです。 さらに、くせのない味なので食事の時に飲んだり繰り返して飲んだりするのにも適しています。

すばらしいカテキンの効果

緑茶などのお茶が口臭にいいということは分かりました。 ですが、具体的には口臭に対してどのような効果があるのでしょうか? そこで重要なのが、緑茶や烏龍茶、紅茶に含まれるカテキンです。 カテキンはお茶の渋み成分であり、健康食品などの分野でも注目されています。 カテキンには抗菌作用があるため、悪臭を生み出す元凶の口内細菌の繁殖を防止してくれるのです。 同時にカテキンには、臭い成分そのものに作用して他の物質に変える効果、つまり消臭効果もあります。 カテキンはこれら2つの効用によって口臭に対抗します。 ちなみにカテキンの量は、ペットボトルに入った出来合いのお茶よりも、自分で茶葉から淹れたお茶の方が2倍以上多いそうです。 口臭予防のためには自分でお茶を淹れるようにするといいでしょう。 なお、紅茶に含まれるカテキンにももちろんこうした効果がありますが、砂糖を入れて飲むとそれが細菌の栄養源になったり虫歯を作ったりして口臭の元になる恐れもあります。 これではカテキンの効果が打ち消されてしまうかもしれません。 できれば砂糖を入れずに飲むのがいいです。

水分補給もお茶の役割

お茶の成分の大部分は水ですから、お茶には水を飲むのと同じ効果もあります。 体が水分不足になると口臭を防ぐ唾液の量が減ってしまうため、水分補給は口臭を予防する上で非常に重要です。 唾液には多くの有用な物質が含まれていて、その中にはカテキンと同じく細菌の繁殖を抑えるものもあります。 また、唾液は乾燥を防いで良好な口内環境を保つことでも口臭を予防します。 唾液が口の中のゴミを洗い流すことも口内環境の維持に一役買っています。 もちろん、お茶を飲む行為そのものも口の中のゴミを流して口をきれいにします。 ところで、お茶にはコーヒーと同じくカフェインが含まれており、カフェインには利尿作用があるため、お茶は水分補給に適さないという説があります。 しかし、現に世の中には毎日お茶を飲むことで水分補給をする人も多いのです。 お茶を飲むことで飲む前よりのどが渇いたり、水分が少なくなったりということも考えにくいでしょう。 外国で行われた実験によると、カフェインの入った飲料も水分補給に有効だったそうです。 したがって、お茶の利尿作用について必要以上に神経質になる必要はないでしょう。 ただし、何事もほどほどが大事ですから、お茶に限らずあまり多く飲みすぎるのは避けた方が無難です。

まとめ

お茶は口臭予防に効果のある非常に身近な飲み物です。 口臭の予防のためにおすすめするお茶は、お茶の中でも特に身近な緑茶や烏龍茶です。 これなら簡単に手に入りますし、毎日飲み続けるのも容易です。 お茶に含まれるカテキンには、消臭効果があり、さらに臭いの元となる細菌の活動を抑える作用があります。 その上お茶は唾液の分泌量を維持するための水分補給にも役立ちます。 飲むことで口の中をすすぐ効果もあります。 口臭が気になる人はジュースやコーヒーよりもお茶を飲んでみてください。




 PAGE TOP