元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭予防のために習慣づけたいうがい薬の選び方と使い方

うがい薬

口臭予防のために実践している習慣として意外と多いのが、うがいだそうです。 うがいといえば、風邪の予防のために行われるのが一般的ですが、口を清潔にするので口臭の予防にも効果があります。 口をすすぐ時にうがい薬を使って口内の殺菌をするという人も多いでしょう。 口の中を殺菌することは、臭いの発生を抑えることにつながります。 手軽にできる口臭予防法として、毎日数回のうがいをするのもいいかもしれません。

口臭予防にうがいが効果的

うがいの第一の効果は、口の中のゴミを洗い流すことです。 口臭の正体は、口の中に生息する細菌が食べ物のかすなどのゴミを腐敗させることで生じる揮発性硫黄化合物と呼ばれる有毒ガスです。 こうしたゴミは細菌が増殖する栄養源ともなります。 したがって、食べ物のかすや口や舌からはがれた粘膜などのゴミを取り除くことが口臭の予防になるのです。 歯の表面だけでなく舌の上のゴミを落とすことも重要です。 舌の苔も口臭の大きな原因となっているからです。 うがいには、水やうがい薬に含まれる殺菌作用を利用して細菌の繁殖を抑える効果もあります。 口をすすいでゴミを洗い流すと同時に細菌の活動を直接抑制するわけです。 うがい薬にはたくさんの種類があり、その中には殺菌、消毒成分が含まれているものも多いです。 殺菌作用による口臭防止効果を売りにしているうがい薬もたくさんあります。

どんなうがい薬を選ぶべきか?

マウスウォッシュと呼ばれるものを含めて、うがい薬にはとても多くの種類があるため、どれを選べばいいのか迷ってしまう人は多いでしょう。 うがい薬には、大きく分けて2種類の働きがあります。 1つは上にも述べた殺菌効果です。 悪臭を発生される細菌を減らすことは、口臭を原因から予防することになります。 殺菌効果のあるうがい薬やマウスウォッシュの中でも、一般的なうがい薬から歯周病や虫歯に関わる菌を狙う製品まで様々なタイプがあります。 確かに虫歯や歯周病は口臭の重要な原因となっています。 したがって、虫歯や歯周病が特に気になるという人は、こうしたうがい薬を選ぶといいでしょう ですが口臭の原因は、歯の周りによりもむしろ舌にあることも多いです。 そのため特別な事情がなければ、虫歯や歯周病予防向けの製品よりも一般的なうがい薬を選ぶ方が無難かもしれません。 効用として口臭除去を明示しているものもあるので、そのような製品を買うといいでしょう。 うがい薬のもう1つの効果は、口内をいい香りで満たして爽快感を得ることです。 このタイプのうがい薬では口臭の原因を取り除くことはできませんが、即効性があるためすぐに口臭をごまかしたい場合に適しています。 なお、水道水にも実はうがい薬と同等以上の殺菌効果があるとされます。 これには水道水に含まれる塩素が関係している可能性があります。 ただで簡単に手に入るので、あえて水道水でうがいをするのも現実的な選択肢です。

うがいの仕方と注意点

口の中には口臭を生み出す細菌もいますが、口内環境を維持するのに必要な細菌も存在します。 こうした善玉の細菌を減らしすぎるとよくないので、1日にあまり多くうがいをしすぎない方がいいかもしれません。 1日3回程度までに抑えておけば間違いないでしょう。 うがいの手順については製品によって大きな違いがあり、薬を水で薄めるものや1度に複数回のうがいをするものなど様々です。 うがい薬を正しく使用するためには、説明書の指示に従うことが一番大事です。 うがいをする際の注意として、ジュースやお酒、コーヒーなどで口をすすぐのはやめてください。 こうした飲み物には糖分が含まれており、口内に棲息する細菌の栄養源になります。 逆効果になる恐れも大きいでしょう。 身の回りにある飲みものでうがいがしたいのなら、水道水を使うのが圧倒的におすすめです。 また、香りのあるうがい薬でうがいをすると、口の中がとてもきれいになった気持ちになります。 しかし実際にはうがい薬で対処できるのは汚れの一部です。 うがいで満足してしまって歯磨きを怠ると口の中はむしろ汚くなってしまい、虫歯にもなりかねません。 うがい薬を過信せず歯はしっかりと磨いてください。

まとめ

うがいは風邪などの病気を防ぐだけでなく、口臭の予防にも効果があります。 口臭の大きな原因となっているのは口の中に棲みついた細菌と、細菌のエサになる口内のゴミです。 口の中をすすいでこうしたゴミを洗い流すことで、口臭が軽減できます。 さらに、殺菌効果のあるうがい薬を使えばこれらの細菌を減らすこともできるでしょう。 市販のうがい薬を利用してもいいですし、水道水も優秀なうがい薬になります。 爽やかな香りのついたものには、その場で口臭を隠せるメリットがあります。 ただし、うがい薬を過信して歯磨きをサボることはないようにしてください。




 PAGE TOP