元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

正しいブラッシングの方法を身につければ口臭予防ができる?

歯ブラシ1

口臭を予防するためには、是非とも正しいブラッシング方法を身に付けたいところです。 昔から歯周病が原因の口臭に悩む人は多いですが、正しく歯を磨けていれば歯周病になることもありません。 歯磨きが雑だと虫歯にもなりますが、これもやはり口臭の原因となっています。 磨き残された歯の汚れも悪臭を発生させる細菌のエサとなります。 正しいブラッシングを実践することが、何にもまして重要な口臭予防なのです。

口臭予防には歯磨きが欠かせない

口臭予防を考えた時に絶対に無視できないのは歯を磨くことです。 うがいでも一部の汚れは落ちますし、口をすすぐことも確かに口臭予防の効果があります。 ですが、うがいでは歯に付着している歯垢が落ちません。 歯垢は、細菌が自分たちを守るために作ったバイオフィルムという膜でできています。 この膜は丈夫なので、直接磨かない限り除去することができないのです。 タブレットなど、いい香りで口臭をごまかす製品でもやはり汚れはとれません。 つまりうがいやタブレットの効果は一時的であり、口臭の原因である歯垢を掃除するためには結局歯を磨く必要があります。 また、歯の周囲が汚れた状態が続くと歯周病や虫歯にもなってしまいます。 歯周病が口臭の原因になるのは周知の事実でしょう。 歯周病では、歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる隙間に食べかすなどのゴミがたまっており、そこで細菌が繁殖して有毒なガスを発生させます。 これが口臭です。 虫歯もまた口臭を生みます。 虫歯で歯が溶けてできた隙間に細菌が繁殖することもありますし、歯の神経が腐って悪臭を放つ場合もあります。

正しいブラッシングを身につけよう

毎日歯を磨いているのに口臭が治らないという人は多いでしょう。 その場合、歯とは違う所に口臭の原因があるのかもしれませんが、実は正しく歯が磨けていないということもあり得ます。 日本では成人の多くが歯周病にかかっていますが、その人たちのほとんどは歯磨きがうまくできていないと考えられます。 歯を磨く時に重要なことは、歯と歯の間および歯と歯茎の間という際の部分を確実に磨くことです。 部屋の掃除をする時隅にごみが残るのと同じことで、際の部分には汚れが残りやすいです。 歯の大部分が磨けていてもこれでは片手落ちです。 このような磨き残しを作らないためには、鏡で自分の歯を1本ずつ見ながらブラッシングをしてください。 鏡を使った上で際を磨くこと意識してブラッシングします。 歯茎との境目を磨く時は、歯ブラシを下へ向かって45度程度傾け、小刻みに動かすのがいいです。 また、歯と歯の間、特に奥の方の歯の隙間は歯ブラシの毛先が届かない場合が多いでしょう。 そこでデンタルフロスや歯間ブラシを使うと、このような隙間にたまったごみもうまく掃除することができます。 歯ブラシの種類については、一般的な形状で毛の硬さが普通のものを使うといいです。

その他、ブラッシングのコツとポイント

まず、食べかすなどのごみが口の中にあると細菌が繁殖するので、歯磨きは毎食後行ってください。 食後の数十分は、特に歯が虫歯になりやすい状態にあると言われています。 中でも重要なのは晩御飯の後、つまり眠る前の歯磨きです。 歯を磨かないで眠ると、汚れた状態の歯を長時間放置することになるので虫歯のリスクが高まります。 しかも、睡眠中は唾液の分泌が減るので一層虫歯になりやすいのです。 そのため、毎日朝昼晩の3回も丁寧に歯を磨く余裕がないという人も、眠る前だけはしっかりブラッシングをしてください。 また、ブラッシングのやり方に自信がないという人は歯医者へ行って指導を受けるのもおすすめです。 プロの指導なので信頼できますし、他人に見てもらうことで自分では気付かない問題点も分かるかもしれません。 歯の汚れを染める歯垢染色剤も、磨き残しが目に見えるようになるので便利です。 歯垢染色剤は薬局や通販で簡単に購入できます。

まとめ

口臭予防のために恐らく最も大事なのは歯を磨くことですが、正しく歯を磨くのは案外難しいです。 成人の多くが歯周病にかかっていることを考えると、正しいブラッシングができている人がかなり少ないことが分かるでしょう。 しかし、口臭を予防するためには正確なブラッシングが不可欠です。 そのためには鏡を見て歯の際の部分をしっかり磨くことが重要です。 デンタルフロスや歯間ブラシも大いに活用してください。 ブラッシング方法に自信がない場合は歯医者の指導を受けるといいでしょう。




 PAGE TOP