元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭予防したい人が選んでいる歯磨き粉の特長について

歯磨き粉

口臭を気にする人が、口臭予防効果のある歯磨き粉の使用を考えるのは至極自然なことです。 口臭を防ぐためなら、どんなものでも利用するべきでしょう。 実際、口臭予防に特化した歯磨き粉も市販されています。 口臭予防歯磨き粉にはいくつかの特長がありますが、実はそれらの特長は他の歯磨き粉と重なる部分も多いです。 そのため口臭予防に特化した歯磨き粉を選ぶか、そうでないものを選ぶかはケースバイケースになります。

口臭予防に特化した歯磨き粉がある

口臭を予防したい人がまず選んでいるのは、口臭予防に特化した歯磨き粉でしょう。 このような歯磨き粉は、複数の特長を持っています。 1つはミントなどの爽やかな香りがついていることです。 ブレスケア製品と同じで、心地よい香りがあればその分口臭が目立たなくなります。 これらの歯磨き粉で寝る前に歯を磨くと、眠る時に口がすっきりして気持ちがいいという感想もあります。 歯の表面や口腔内の汚れを落としやすくする成分もこうした製品の特長です。 また口臭予防と直接関係ありませんが、ステインとも呼ばれる歯の染みを落とす成分が含まれている口臭予防用の歯磨き粉もいくつかあります。 ただし、歯の汚れを落とすのは他の歯磨き粉でも変わりませんし、ステインをとる成分が含まれるのも口臭予防歯磨き粉に限りません。 爽やかな香りも歯磨き粉にはよくある特長です。 したがって、口臭を防ぐために口臭予防用の歯磨き粉を使うのももちろんいいですが、必ずそうした製品を選ばなければならないわけではありません。 他に気に入った歯磨き粉があれば、それで口臭予防用歯磨き粉を代用することもできるでしょう。

歯周病予防用の歯磨き粉

自分の口臭の原因が歯周病にあることが分かっている人は、歯周病予防用の歯磨き粉を使うといいと思います。 歯周病はいつの時代も強烈な口臭の原因となっています。 ちなみに歯肉炎や歯槽膿漏と呼ばれるのも、歯周病の一種です。 歯周病予防用の歯磨き粉には、歯と歯茎の間にいて歯周病の原因となっている細菌に対する殺菌効果を持っています。 このような殺菌成分で代表的なものは、塩酸クロルヘキシジン、塩化セチルピリジニウムです。 ただし、他にも殺菌成分の種類は多いためこれらの成分が入っていなければいけないわけではありません。 歯周病予防用の歯磨き粉には歯茎の炎症や出血を抑えることに主眼を置くものもあります。 ただし、炎症を抑えることが口臭予防にどれだけ寄与するかはよく分からない部分があります。 ですから、どちらかというと殺菌成分重視で選ぶといいかもしれません。 歯周病予防用歯磨き粉の注意点として、歯磨き粉だけで歯周病を治すことができないということがあります。 歯周病治療の基本はブラッシングにあり、歯磨き粉の働きは補助的なものだと考えてください。 また、歯磨き粉の殺菌成分は症状の進んだ歯周病には効きにくいです。 歯周病がひどくなったら、歯磨き粉に頼るよりも歯周病に詳しい歯医者で診てもらいましょう。

フッ素や研磨剤は口臭予防に効く?

歯磨き粉の成分として他によく取り上げられるのが、フッ素と研磨剤です。 これは口臭の予防に役立つのでしょうか。 まずフッ素については、ある程度口臭予防の効果が期待できます。 フッ素が虫歯の予防に有効であることは、よく知られています。 虫歯も歯周病と同じく口臭の原因になりますから、フッ素で歯をコーティングして虫歯を防げば口臭を防ぐことにつながります。 フッ素には抗菌作用もあり、歯周病を引き起こしている細菌にも幾分効果があるとされます。 虫歯予防を考えてもフッ素が入っていて悪いことはないでしょう。 研磨剤は歯の表面を研磨する、つまり磨く効果を高める細かい粒子です。 歯についた歯垢などの汚れを落としやすくする他、ステインの除去にも役立つと考えられます。 ただし、研磨剤の作用が強すぎると歯の表面を磨きすぎていためてしまう場合もあります。 研磨剤が口臭に効くかどうかは何とも言えません。 研磨剤が入っていることによって歯がきれいに磨ける人にとっては、効果があると言えるかもしれません。 ともかく、口臭予防になくてはならないという成分ではないでしょう。

まとめ

世の中には様々な口臭予防グッズが普及しているだけあって、歯磨き粉にも口臭予防に特化したものがあります。 こうした歯磨き粉には、爽やかな香りがあったり殺菌成分が入っていたりという特長があります。 このような製品を使うのは口臭を予防する1つの方法です。 ですが、例えば歯周病が気になるという人は歯周病予防用の歯磨き粉を使うのもいいかもしれません。 歯周病などの症状を改善することは口臭を改善することにもなるからです。 歯磨き粉には研磨剤やフッ素が入ったものも多いですが、これらが口臭予防に役立つかどうかは場合によると思われます。




 PAGE TOP