元気第一!心と体が健やかになる健康系Webマガジン

口臭予防のため歯周病対策にもなる歯石除去を定期的に受けよう

歯医者1

歯の表面にできる歯石は口臭や歯周病とも無関係ではありません。 それほど危険なものでないとはいえ、歯石を放っておくのはあまりいいことではありません。 一度できると、自分では取り除きににくくもあります。 また頻繁に歯石ができることは、正しい歯磨きができていないサインになります。 しっかり歯を磨いて歯石を予防しつつ、時々歯医者にも診てもらうと口臭予防の役にも立つでしょう。

歯石とは何か?

歯の表面につく石のようにざらざらしたものが歯石です。 それはご存知と思うのですが、一体歯石はどのようなものからできていて、歯にどんな影響を及ぼすのでしょう? 歯石は一言で言うと石です。 歯石の元になるのは歯の表面についた細菌とごみの塊である歯垢であり、これが唾液に含まれるミネラルで石灰化すると歯石になります。 歯の再石灰化という言葉がありますが、これも歯の表面に唾液のミネラルが沈着することで起こります。 したがって、再石灰化と歯石の発生は同じ仕組みで起こると言えるでしょう。 なお、歯垢が歯石になるのにかかる時間は1日から2日程度とされます。 歯石の元になる歯垢は虫歯や悪臭の元になる有害なものですが、歯石は単なる石なのでそれ自体に害はありません。 歯石の中で細菌が活動して、口臭が発生するということもないようです。

歯石が口臭の遠因になることも・・

ただし、歯石の表面には細菌が住み着きやすいという問題があります。 食べかすなどのごみもやはり付着しやすいです。 歯の表面は通常滑らかですが、歯石の表面には凹凸があるため、細菌が隠れたりものが引っかかったりしやすくなっているようです。 その細菌を放っておけば、口の中のごみを分解して口臭を発生させます。 もっとひどくなると虫歯や歯周病にもなってしまいます。 歯周病の人の歯茎には大量の細菌が住み着いているため、強い悪臭を放ちます。 そして、あまり知られていないかもしれませんが虫歯もまた口臭の原因になります。 虫歯によってできた穴で細菌が繁殖したり、歯の神経が腐って臭いを発したりするためです。 よって、それ自体は無害であるといえ歯石はない方がいいです。 また、歯石ができるということは歯垢が除去されないまま放置されているということです。 正しい歯のケアができていないそのような状況にも問題があるでしょう。 繰り返し歯石ができる人は、口臭予防のためにも、正しいデンタルケアを身に付ける必要があります。

歯医者で定期的に歯石を除去しよう

歯石があっても必ず虫歯や歯周病になったり、口臭が発生したりするわけではありません。 しかしそうしたリスクは高まります。 歯石を維持するメリットも全くありませんので、見付けたら早めにとってしまうのがいいです。 ですが、歯石は歯にへばりついた石であり歯磨きでは除去できません。 歯ブラシ以外の道具を使って、自分でこそげ落とすことも不可能ではありませんが、現実的ではありません。 まず、歯石の除去にはそれなりに高度な技術が必要なので、プロに任せる方が無難です。 悪ければ、自分でとろうとして歯や歯茎を傷付けることにもなりかねません。 また、歯医者には超音波スケーラーをはじめとする専門的な道具が揃っています。 さらに歯医者や歯科衛生士であっても、自分で自分の歯石をとるのは至難の業です。 鏡を使っても歯の裏のなどにある歯石を自分で落とすことは、相当難しいでしょう。 歯石をとる時は素直に歯医者へ行ってください。 ただし一度歯石を除去しても、正しい歯磨きができていない限りすぐに別の歯石ができてしまいます。 除去してもらったからといって安心せず、毎日しっかりと歯を磨いてください。 もっとも、しっかり磨いてもやはりできる時には歯石はできます。 そのため、定期的に歯医者で歯石がないか診てもらうことをおすすめします。

まとめ

歯石は歯垢が石灰化して石になったものです。 それ自体に害はなく、直接口臭の原因になることもありません。 ですが歯石には細菌やごみが付着しやすく、その意味では口臭のリスクとなります。 同じ理由から歯石があると歯周病や虫歯にもなりやすい恐れがあります。 ですから、歯石ができたら早めに取り除くのが吉です。 自分でとるのは難しいので歯医者に行ってとってもらいましょう。 また、気が付かないうちに歯石ができていることもありますから、虫歯や歯周病予防も兼ねて定期検診を受けるといいでしょう。




 PAGE TOP